芝浦電子

CLOSE
  1. Home >
  2. 製品情報 >
  3. サーミスタってなに?

サーミスタってなに?

サーミスタは、温度が変わると電気の流れにくさ(抵抗)が変化する電子部品です。
温度が高くなると電気が流れやすくなり、温度が低くなると電気が流れにくくなります※
したがって、サーミスタの電気の流れをみることで温度を知ることができます。
サーミスタは、小形で衝撃や振動に強く、温度に対する感度が高いため、私たちの暮らしを支えるさまざまな製品に使われています。
ここでは例として、私たちの身近にある3つの製品をご紹介します。

※専門用語で、NTC特性といいます。

a)エアコン

a)エアコン

エアコンは、室内機で熱を吸い取って冷風を送り、吸い取った熱を室外機から放出することで部屋の温度を下げます。
室内機と室外機の両方でサーミスタを使い、温度をコントロールしています。

b)自動車

b)自動車

自動車には1台あたり15本程度のサーミスタが使われています。
例えば、エンジン温度、外気温などを確認するためのサーミスタがあり、エンジン内の燃焼が最適になるようにコントロールしています。

c)コーヒーメーカー

c)コーヒーメーカー

お店や家庭でよく見るコーヒーメーカーでは、適切な温度でお湯を出すためにサーミスタを使っています。

このように、サーミスタは現代の私たちの生活には欠くことのできないものです。
より豊かな生活を求める人々の要望に呼応して多くの製品が生み出され、温度検知へのニーズはますます多様化しています。
芝浦電子は、サーミスタのトップメーカーとして、時代のニーズに応え続けます。

技術情報のページでは、サーミスタについて、より詳しくご説明しています。 どうぞ、こちらもご覧ください。

PAGE TOP