芝浦電子

CLOSE
  1. Home >
  2. 製品情報 >
  3. 技術情報 >
  4. 抵抗温度係数α

抵抗温度係数α

抵抗温度係数とは、サーミスタの抵抗が温度1℃あたりどのくらいの割合で変化するかを表す係数です。記号はαで、単位は%/℃ です。
抵抗温度係数αはで表されます。ここで、サーミスタの抵抗値Rと絶対温度Tとの関係式(「抵抗値」のページを参照)を温度Tについて微分し、αを求める式に代入すると、次式のようになります。

温度係数αの符号が(ー)であることは、サーミスタの抵抗が温度の上昇とともに減少することを示すもので、B定数を3400Kとして20℃付近の温度係数を求めると

温度係数α≒-4%/℃ということになります。

一般に金属や合金は、温度の上昇につれて抵抗値が上昇し、その温度係数は、1℃の温度変化に対して0.4%(金)、0.39%(白金)、大きいものでも0.66%(鉄)、0.67%(ニッケル)であり、サーミスタが約 −4%ということは、僅かな温度変化に対して大きく抵抗が変化することです。このことから、サーミスタは精密温度計測や微小温度差コントロールに適した温度センサであるといえます。

PAGE TOP