芝浦電子

CLOSE
  1. Home >
  2. 製品情報 >
  3. 技術情報 >
  4. 熱放散定数

熱放散定数

熱放散定数δとは、静止空気雰囲気においてサーミスタ自身が通電による自己加熱で1℃温度上昇するために必要な電力(mW/℃)のことです。
周囲温度Taにおいて電力Wを印加したとき、自己加熱によって最終的にサーミスタの温度がTになったとすれば、以下の関係が成立します。

熱放散定数相当の電力を印加するとサーミスタの温度が +1℃上昇するため、これは周囲温度との誤差となって計測データに反映されてしまいます。
そのため、測定に問題のない範囲の自己加熱に抑えるような印加電力となる回路設計をする必要があります。
また、熱放散定数δは「自己加熱」と「放熱」のバランスで決まるため、サーミスタの周囲の状況で大きく変わります。
熱伝導率の高い素材でサーミスタを囲むことで熱の放散が促されると、熱放散定数δは大きくなります。
逆に熱がこもるような構造の場合、熱放散定数δが小さくなることもあるため、アセンブリに際しての材料選択は大変重要です。
アセンブリ後には使用する環境(空気、水、オイル、熱板接触etc.)において熱放散定数δを計測して、実使用に即したデータを取得する必要があります。

PAGE TOP