芝浦電子

CLOSE
  1. Home >
  2. 製品情報 >
  3. 技術情報 >
  4. B定数

B定数

B定数は温度変化に対するサーミスタの感度(抵抗値の変化の割合)を表す物性値です。
変化の割合はグラフの傾きで表すこともできます。この傾きが大きいほどB定数が大きく温度変化に対する感度が高いということができます。

B定数は、規定した2温度間の抵抗値変化から計算で求めます。

B定数はサーミスタチップの材料組成により決まるため、抵抗値と異なり、サーミスタチップのサイズの変更では変えることができません。
また、一般的にB定数の大きいサーミスタは抵抗値が高くなるという特徴があるため、抵抗値とB定数の組み合わせを自由に選ぶことはできません。
たとえば、非常に高い抵抗値で、極めて低いB定数のサーミスタを作ることは困難です。
芝浦電子では、数多くの抵抗値とB定数の組み合わせの製品を有しており、カタログや当サイトに掲載しているのはそのうちの一部です
特殊なB定数のサーミスタのご相談もお受けしています

B定数計算の一例を示します。

PAGE TOP